お得なキャンペーン情報
  • Rakuten UN-LIMIT VIの申し込みで最大2980円の月額料金が3ヶ月無料に!
  • iPhone 12 Proが22000円割引に!
  • 対象機種と新プランのセット契約で最大25000円相当のポイント還元中!
  • 回線のみの申し込みで最大20000円相当のポイント還元中!

今ならキャンペーン利用で

お得に乗り換えれる!

 

 

今すごい勢いで契約者数を増やしている格安SIMと言えば「楽天モバイル」ですよね。

格安SIMへ乗り換え検討中の方は、選択肢の1つに違いないでしょう!

そこで、当記事では、

・新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」の詳細
・通話オプション
・端末保証
・申し込みからサポート

 

など、楽天モバイルに興味がある方が間違いなく気になるであろう項目を、簡潔にまとめています。

また、キャリアの格安プラン「ahamo」「povo」「LINMO」と比較した表も掲載しています。

楽天モバイルを乗り換え先候補に上げている方は、当記事を読むことで、

・自分に最適な格安SIMなのか?
・申し込んで後悔しないか?

 

が、簡単にチェックできるはずです!すべて読んでもOK、気になる事だけ目次から探すのもOKです。ぜひ参考にしてくださいね!

新プラン「アンリミットⅥ」とは?

楽天モバイルの新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は料金体系が1パターンのみと、実にスッキリとした料金プランになっています。

新プランでは、実際に使用したデータ量に応じて月額基本料が変わる変動型プランです。

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
 

変動型

1プランのみ

データ容量 主回線 2回線目以降
0~1GB未満 0円 1078円
1~3GB未満 1078円
3~20GB未満 2178円 2178円
20GB~無制限 3278円 3278円

楽天モバイル最大の魅力は、他社にはない「20GB以上は無制限でデータ使い放題」でも料金が一律の3278円ということ。

大容量データを圧倒的「低価格」で利用できるため、動画視聴やオンラインゲームなどを思う存分楽しみたい方には狙い目ですね!

また、変動型プランにすることで、

・プラン選びで迷わない
・プランの見直し、変更の必要がない

 

といったメリットもあります。

ahamo、povo、LINEMOと比較してみた!

参考までに、3キャリアが提供している格安プラン「ahamo(ドコモ)」「povo(au)」「LINEMO(SoftBank)」と比較してみたので参考にしてください。

楽天モバイル ahamo povo LINEMO
0~1GB未満 0円  

2970円

5分かけ放題付き

 

2728円

 

 

2480円

LINEギガノーカウント

 

1~3GB未満 1078円
3~20GB未満 2178円
20GB~無制限 3278円 20GB超えたら1GBにつき550円で追加
5分かけ放題 なし プランに含む 550円 550円
 

無制限かけ放題

アプリ使用

無料で無制限かけ放題

 

1100円

 

1650円

 

1650円

 

4社を比較してみると、料金面では楽天モバイルがズバ抜けて安いのがわかりますね。

楽天モバイル公式ページはこちら

回線の種類と対応エリアについて

楽天モバイルでは、「楽天回線」「パートナー回線」の2回線を利用しています。

楽天モバイルには2回線ある

楽天モバイルはキャリア回線をレンタルするのではなく楽天の自社回線での通信を目指しています。

しかし、参入して間もないことから楽天回線では対応できないエリアがあります。そういったエリアではキャリア回線をレンタルして利用しています。

【楽天回線エリアとは】
・楽天基地局(アンテナ)の電波を利用するエリア
・楽天回線エリア外はパートナー回線に切り替わる
・楽天回線エリア内であっても電波が繋がりにくい場所ではパートナー回線に切り替わる

【パートナー回線エリアとは】
・au回線の電波を利用するエリア
・au回線は高速データ容量が月5GBまで
・超過後は最大速度1Mbpsでデータ使い放題になる

 

楽天回線が使えるエリアはどこ?


楽天回線の電波が利用できるエリア(人口カバー率)は2021年3月末で80%でしたが、2021年夏までに96%まで拡大するのは確実のようです。

仮に、非対応エリアであってもau回線へ切り替わるので、楽天モバイルが使えないエリアはありません。

 

楽天回線エリアの確認方法

楽天回線エリアの確認は、楽天公式サイトの「通信・エリア」ページから確認できます。

ページ内の「楽天回線 4G LTEエリア一覧」をクリックすると全国の楽天回線エリア、au回線エリアが県、地域ごとに表示されています。

楽天回線のエリアが拡大すれば、定期的に更新されるので乗り換えを検討中の方はチェックしてみましょう。

楽天モバイルの通信回線エリアはこちら

通信速度が遅い!圏外になるって聞くけど大丈夫?

実際、楽天モバイルユーザーからは、「通信速度が遅すぎて使い物にならない」「たまに圏外になる」といった不評がありますが、その反面、「快適に通信できている」といった声もあります。

新規参入したばかりなので、通信品質においてはキャリアと比べても劣るのは否めませんが、設備投資により徐々に改善しているようです。

一部では「楽天の携帯事業参入は無謀」と言われましたが、楽天自社回線の対応エリアも急速に拡大し、それに比例して楽天モバイルのシェアも急速に広がっています。通信速度の安定性も上がってきているので、今後の楽天に期待したいところですね。

 

楽天モバイルの通話オプション

楽天モバイルには2タイプの通話オプションがあります。

  1. 通話アプリを使った無制限かけ放題
  2. スマホ標準装備の音声通話による10分かけ放題

通話アプリを使った無制限かけ放題

「Rakuten links」という楽天モバイルの通話専用アプリで電話することで、国内通話が無制限かけ放題になります。通話料、アプリ課金、その他料金は一切かかりません。

完全無料で電話かけ放題サービスはメリットしかない楽天モバイル独自の通話サービスです。

他社回線のスマホ、ガラケー、固定電話問わず電話できるのでプライベートや仕事で電話をよく利用する方にはおすすめですね!

もちろんスマホに標準装備されている音声通話も通話料金30秒22円とキャリアと比べて割高ですが利用できます。

【Rakuten Linkとは】
プレフィックス番号やIP電話とは異なり、RCS(Rich Communication services)を用いた音声通話やSMSに代わる新しい次世代の通話、メッセージサービスです。

アプリを使うだけで電話番号そのままで、他社スマホ、固定電話関係なく誰とでも通話できます。

 

楽天モバイル無制限かけ放題の詳細はこちら

 

 

アプリ以外の10分かけ放題

楽天モバイルの10分かけ放題は、スマホに標準装備されている音声通話です。

利用するには申し込みが必要で、月額1100円が必要です。

10分かけ放題の特徴
1回10分以内の国内通話が何回でもかけ放題になります。 国内SMSの送受信も無制限で使い放題
  • 通話アプリを使うのが面倒くさい
  • 仕事や大事な要件には標準の音声通話を使いたい
  • SMSを送信料無料で頻繁に使いたい

という方には、標準の音声通話による10分かけ放題オプションがおすすめです。

 

今使っているスマホで契約する場合の注意点

ここでは、いま使っているスマホで楽天モバイルへ乗り換える際の注意点をご紹介します。

SIMロック解除が必要な場合

・ドコモ、au、ソフトバンクで契約していたスマホ
・他のMVNOで契約していたスマホ

キャリアスマホだけでなく、例えばUQモバイルなど他の格安SIMを契約していたスマホもSIMロック解除が必要なので注意しましょう。

 

SIMロック解除が必要ない場合

基本的にSIMロックがかかっていないスマホであれば使えます。

・ドコモ、au、ソフトバンクで購入したスマホをすでにSIMロック解除している
・自分でネットなどで購入したSIMフリースマホ

楽天モバイルで購入したスマホはすべてSIMフリーなのでSIMロック解除の必要はありません。

 

楽天モバイルのSIMは2タイプから選べる

楽天モバイルは通常のSIMとeSIMが用意されています。それぞれについて簡単に解説します。

楽天モバイルはマルチSIMを採用

SIMカードには「標準」「micro(マイクロ)」「nano(ナノ)」の3サイズがあります。
楽天モバイルは3サイズに対応した「マルチSIM」を採用しています。届いたSIMカードを自分が使うスマホのSIMサイズに合うように台紙から切り離して装着すれば使えます。

 

今ならeSIM契約で楽天モバイルを“無料お試し”できる!

eSIMはスマホ自体に内蔵された本体一体型のSIMです。

SIMカードは他社へ乗り換えるとき、機種変更するとに差し替える必要がありましたが、eSIMはその必要がありません。

つまり1台のスマホでドコモと楽天モバイルの2社と契約して使えるわけです。

「楽天モバイルには興味はあるけど、乗り換えた後に後悔しないか不安…」という方もいるでしょう。

本当の使い心地って実際に使ってみないとわからないですよね。乗り換え後に「やっぱりキャリアが良かった…」と思っても、また解約して再契約するのはとても面倒だし労力がいります。

その点、eSIM契約にすれば

① キャリア契約をしたままSIMロック解除だけする
② キャリアのSIMカードはそのまま使う。
③ 楽天モバイルをeSIMで契約する

 

ことで、楽天モバイルをお試しで“使い心地”を確かめることができます。

しかも今なら新規契約でプラン料金3ヶ月無料なので完全無料で楽天モバイルを使い倒せます。

実際に楽天モバイルの通信速度やその他の使い心地を3ヶ月十分に確かめてから、

・キャリア契約のままにする
・キャリア契約を解約して楽天モバイルに乗り換える
・両方とも契約継続して使う

 

など、両者を同時に使った上で決めても良いでしょう。

ただし、キャリア契約を解約して楽天モバイルにする場合は、2点注意してください。

【注意①】

すでに楽天モバイルで契約しているためキャリアで使っていた電話番号は使えない

【注意②】

キャリアで使っていた電話番号を楽天モバイルで使いたい場合は、楽天モバイルを解約してMNP転入で契約しなければいけない。その場合は、すでに新規契約でプラン料金3ヶ月無料を適用しているので、3ヶ月無料にはなりません。

 

eSIMを使うメリット

・SIMカードの入替えが不要
・Webで契約すればすぐに使える
・海外でもWeb契約で簡単に使える

eSIMの便利な利用シーン

【通話専用機として使う】
今までプライベート用、仕事用とスマホを分けている方もいるでしょう。

eSIM契約で通話アプリ利用すれば、無料で無制限かけ放題になるのでプライベート、仕事用に通話料金を一切気にせず通話できます。

1GB未満であれば料金は0円、通話料金も0円。通話を良くする方にはおすすめの利用法です。

【データ通信専用機として使う】
キャリアスマホは通話専用にして、楽天モバイルをデータ通信専用として使うこでキャリアのプランを下げることができます。

契約プランは2つに増えますが、1ヶ月のスマホ料金は逆に抑えることができます。

楽天モバイルであれば同じデータ容量で他社プラン料金と比較した場合、かなり安いのが魅力です。しかも20GB以上はどれだけ使っても料金は3278円という破格の安さ。

以上、2つの利用シーンを例にあげましたが、eSIM契約で楽天モバイルを利用することで料金だけでなく、1台でスマホ利用する幅も広がります。

また、楽天モバイルは安くて魅力だけど、「キャリアメールをどうしても残したい」という方もいるかもしれません。その場合も、上記した使い方をすれば、スマホ料金を抑えて、かつキャリアメールも使えます。

 

eSIMのデメリット・注意点

・eSIM対応機種が少ない
・SIMロック解除が必要
・機種変更する際に手数料がかかる

他社乗り換え、またはキャリア契約を残したまま格安SIMのプランを契約する場合は、SIMロック解除が必要なので注意しましょう。

 

eSIM対応の機種は?

eSIMはまだ誕生して間もないため、最近発売された機種しか対応していません。

【iPhone】
iPhone Xs/Xs Max/XR以降の機種
【Android】
Pixel 4/4 XL以降の機種

 

現在は、まだeSIM対応のスマホは少なく、またeSIM対応のプランは楽天モバイルとIIJmioぐらいです。今後発売される新モデルはeSIM対応モデルになっていくので対応したプランを提供するMVNOも増えていくでしょう。

 

申し込み方法

ここでは、楽天モバイルの申し込み方法と決済手段、その他気になることをご紹介しています。

 

申し込みはWeb、ショップからできる

ショップに行く手間を省いてスムーズに申し込みしたい方はWeb(オンライン)がおすすめです。

ただWeb申し込みは開通までに数日かかるので、即日開通したい場合は事前予約してショップ申し込みをおすすめします。そうでなければWeb申し込みは定期的なWeb限定キャンペーンもあるのでおすすめです。

【Web申し込みのメリット】
・24時間、365日いつでも申し込める
・希望の機種を全国の在庫から取り寄せてくれる
・Web限定キャンペーンが定期的にある

 

【申し込み時に必要なもの】
・本人確認用の書類(免許証など)
・クレジットカードもしくは口座情報
・MNP転入の場合は「MNP予約番号」
・キャリアメール以外のメールアドレス

 

キャリア契約を解除するとキャリアメールが使えなくなります。楽天モバイルを契約する際に、契約完了の確認メール用にGメール、ヤフーメールなどのフリーメルアドレスを事前に作っておきましょう。

 

決済方法

楽天モバイルの決済方法は、「クレジット」「口座振替」の2通りです。デビッドカードは利用不可です。

 

機種変更に手数料はかかるの?最新機種はある?

ここでは楽天モバイルで機種変更する際に、乗り換え検討中の方がとくに気になる手数料、取り扱い機種についてご紹介します。

 

変更方法と手数料について

機種変更はWeb(オンライン)と楽天ショップで手数料0円できます。

機種変更しても端末保証は引き継がれます。ただし、スマホ故障受付はWebで機種変更が完了した日より31日後からなので、それまでは落下させて破損なさないよう注意しましょう。

 

Web(オンライン)で機種変更するメリット

ショップに足を運ぶ手間がかからず数分で簡単に機種変更できるので便利です。また、ショップだと希望の機種が品切れの場合がありますが、オンラインであれば、全国の店舗に在庫があれば取り寄せできるので購入できる場合があります。

 

楽天ショップで機種変更するメリット

全国に約600店舗ありますが、機種変更に対応していなショップもあります。事前に来店予約が必要なので、機種変更できるか確認しましょう。

 

取り扱い端末、機種について

楽天モバイルは他のMVNOと比べると取り扱い機種は豊富に揃っています。

・5万円未満モデル
・5万円から10万円未満モデル
・10万円以上モデル

といったように楽天モバイルでは最新のハイスペックモデルから、スマホ初心者または安くスマホを持ちたい方におすすめのエントリーモデルまで品揃え豊富です。

もちろんiPhoneも最新モデルを取り扱っていますが、Androidにしても人気機種は品切れになりやすいので、発売日に合わせて契約した方がいい場合もあります。

楽天モバイルでは最新iPhone発売記念や、その他定期的に「機種変更キャンペーン」を期間限定で開催しています。そのタイミングで機種変更すれば、1万円から2万円相当分の楽天ポイントがキャッシュバックされるので狙い目です。

 

端末保証について

スマホ持ち込みでSIMのみ契約した場合は、月額715円で「持ち込みスマホあんしん保証」に加入できます。

 

持ち込みスマホのの保証

【持ち込みスマホあんしん保証の特徴】
・回線開通から30日以内に加入手続きが必要
・修理なし
・破損、全損、水没による故障の場合、新品同様の同一機種と交換
・自己負担金は6600もしくは12100円(機種によって異なる)
・盗難、紛失は保証対象外
・交換品は翌日発送
・コンビニ受け取り可能
・受付はWeb(オンライン)で24時間、365日対応

※楽天モバイル対象機種であっても以下のスマホは保証対象外です。

 

iPhone、Google Pixel 4シリーズ(Pixcel 4、Pixcel 4 XL、Pixcel 4a)、Redmi Note 9S、他キャリア端末(Xperia Ace(docomo)、HUAWEI P30 lite Premium(au))など

 

楽天モバイルで購入したスマホの保証

楽天モバイルで購入したスマホには2タイプの保証で機種によって月額料金が変わります。

【故障紛失保証 with AppleCare Services】
・iPhone対象の保証
・Apple専任スタッフが対応
・修理、交換OK
・盗難、紛失も保証OK

※楽天モバイルでiPhone購入時(新規契約、機種変更)のみ加入できる

・iPhone SE(第2世代)715円/月
・iPhone12、iPhone12mini 979円/月
・iPhone12Pro、iPhone12ProMax 1309円/月

 

【スマホ交換保証プラス】
・楽天モバイルで購入したiPhone以外のスマホが対象
・月額715円で加入できる
・修理なし、交換のみ
・6600円もしくは12100円の自己負担
・新品同等の同一機種または別機種と交換
・最短で当日に交換品をお届け

 

申し込み後のサポートは充実しているか?

ここでは、購入後に疑問を相談したいときのお問い合わせ方法をご紹介します。

申し込みしたら、それで終わりではないですからね。むしろ楽天モバイルを利用し始めてからの方がいろんな疑問や悩みが生じるものです。

そんな時に、購入後のサポートが充実しているかどうかは格安SIMを選ぶときの重要ポイントと言えます。

 

問い合わせ方法

楽天モバイルの相談方法は下記の5パターンあるので、あなたが相談しやすい方法を選びましょう。

 

専用アプリで相談

楽天モバイル専用アプリ「my楽天モバイル」から気軽に会話形式で相談できます。アプリは「Google Play」「App Store」からダウンロードできます。

「my楽天モバイル」アプリでは、その他に「データ利用状況」「利用料金」の確認はもちろん、

・契約内容の確認
・機種変更、回線追加購入
・支払い方法の確認、変更
・MNP転入、転出

など、各種手続きも簡単にできます。

 

近くの楽天ショップで相談

楽天ショップは全国に約600店舗もあるので、近くにあれば直接ショップでスタッフに相談するのがもっとも解決しやすいでしょう。

ショップでは申し込みから初期設定だけでなく、一部を除いて機種変更もできます。また、最新の機種をお試しできるのも良いですね。

事前予約が必要なので忘れずにしてからショップへ行きましょう!

 

チャットで相談

 

 

 

・公式サイト右下の「お困りですか?AIに相談する」をクリックすればチャットで相談できる
・営業時間 9:00~23:00

 

電話で相談

営業時案内に以下の電話番号へかけるとカスタマーセンターへ繋がり、スタッフへ直で質問、相談ができます。

・0800-805-0600
・通話料無料
・営業時間 9:00~20:00(年中無休)

※時間帯、曜日によっては繋がりにくい場合があります。

 

公式サイトで自己解決

楽天モバイル公式サイト「お客様サポート」ページの「カテゴリから探す」で、過去にあった質問、悩み、疑問が「プラン」「利用までの流れ」「初期設定」「キャンペーン」などカテゴリ分けされて掲載されています。

よほどニッチな疑問でなければ、ここで自己解決できる場合が多いですが、もし解決できない場合は上記4つの方法いずれかで問い合わせてみましょう。

 

解約には解約金が発生するの?

楽天モバイルは、旧プランでは契約に縛りがあり解約金が発生していました。

新プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」では、縛りはなくなり「いつでも」「解約金なし」で解約することができます。

 

【まとめ】楽天モバイルの特徴がひと目で分かる!

ここまで、楽天モバイルへ乗り換える際に「気になる」ことをご紹介してきましたが参考になったでしょうか?

最後に、「こんな方は楽天モバイルがおすすめ」「楽天モバイルの特徴がひと目で分かる表」を紹介します。

 

楽天モバイルはこんな方におすすめ!

【データ無制限で使いたい】
20GB使っても2178円という料金は他社と比べてもトップクラスに安い。また、20GB以上は無制限でどれだけデータを使い倒しても3278円のまま。

データフリーオプションを付けることなく、格安でデータ無制限で使えるのが楽天モバイル最大の強みです。

また、使用データ量に応じて料金が変わる料金システムのため、プランを「下げる」「上げる」など変更する手間が省けるのも良いですね。

 

【無料で長電話したい】
楽天モバイル専用アプリ「Rakuten Link」を使うことで国内であれば使用料、通話料、SMS送受信料が一切かからずに通話し放題になります。

また「Rakuten Link」を使えば使うほど楽天ポイントが溜まっていくので楽天でお買い物する方には嬉しいサービスですね。

 

【サブスマホとして使いたい】
キャリアスマホをメインで、格安SIMをサブとして使いたい方にも楽天モバイルはおすすめです。

・使用データ料に応じて料金が変わる
・無料通話アプリで無制限かけ放題

ことから、楽天モバイルを「データ通信専用機」「通話専用機」として使うことで、キャリアプランを下げる、通話オプションを外すことができます。

契約数はキャリアと楽天モバイルの2社に増えますが、結果的にはトータル料金は逆に抑えることができます。

楽天モバイル公式ページはこちら

 

楽天モバイルの知りたいことが“ひと目”でわかる一覧表

Rakuten UN-LIMIT Ⅵ
 

変動型

1プランのみ

データ容量 主回線 2回線目以降
0~1GB未満 0円 1078円
1~3GB未満 1078円
3~20GB未満 2178円 2178円
20GB~無制限 3278円 3278円
 

かけ放題

 

通話アプリ「Rakuten Link」を使えば、無料で無制限かけ放題

SIMロック解除について
持ち込みスマホ SIMロック解除が必要
楽天モバイルで購入したスマホ SIMロック解除の必要なし
対応SIMについて
SIMカード eSIM
※変更可能だが事務手数料がかかる
申し込み方法
Web(オンライン) 楽天ショップ
24時間365日対応 全国に約600店舗
事前予約が必要
最短3日から1週間 申し込み即日に利用可
初期設定は自分で 初期設定はスタッフが教えてくれる
機種変更の方法
Web(オンライン) 楽天ショップ
24時間365日対応 全国に約600店舗
事前予約が必要
※事務手数料なし
取り扱い端末 1万円台のスマホ初心者用のエントリモデルから10万円以上のハイエンドモデルまで豊富な品揃え
端末保証について
 

 

持ち込みスマホ

月額715円

1.回線開通から30日以内に加入
2.修理なし
3.破損・全損・水没は新品同様と交換
4.自己負担額は6600円もしくは12100円
5.盗難・紛失は保証対象外
6.交換品は翌日発送
7.コンビニ受け取り可能
8.受付はWebで24時間365日対応
 

 

 

iPhone

1.楽天モバイルでiPhone購入時のみ加入できる
2.Apple専門スタッフが対応
3.修理・交換対応
4..盗難・紛失も保証対象
※料金は機種によって異なる
・iPhone SE(第2世代)715円/月
・iPhone12、iPhone12mini 979円/月
・iPhone12Pro、iPhone12ProMax 1309円/月
 

その他

スマホ

月額715円

1.楽天モバイルで購入したiPhone以外のスマホが対象
2.修理なし、交換のみ
3.自己負担額は6600円もしくは12100円
4.新品同等の同一機種または別機種と交換
5.最短で当日に交換品をお届け
お問い合わせ方法
my楽天モバイル 楽天ショップ チャット 電話 公式サイト
解約 契約の縛りなし
24時間365日いつでも解約できる
解約違約金なし

 

以上、「楽天モバイル乗り換えは大丈夫?後悔しない為に”全特徴”を徹底解説!」でした。楽天モバイルに興味ある方、乗り換え検討中の方は参考にしてもらえると幸いです。