格安スマホへ乗り換える際に「契約してその日の使えるのか?」って気になりますよね。

かつては乗り換えに数日を要していた格安スマホですが、現在は即日切り替えで契約したその日から使えるケースも増えてきました。

ただ、WEBと店舗それぞれで契約してから使えるまでの日数に差があるため、契約する前に注意が必要です。

WEB契約の場合


格安スマホを契約する方はWEB契約が圧倒的に多いです。実店舗を持たないMVNOが多いというのも理由ですが、わざわざ店舗に行かなくてもWEBで簡単に契約できるからです。

私も初めて契約したのが「イオンモバイル」でしたが、WEB契約だと店舗で順番を待つこともなくスムーズに契約することができました。

WEB契約で申し込んだら、いつから使える


WEB契約の場合、通常2日から1週間程度と考えておきましょう。契約に要する時間は数分で完了しますが、本人確認の審査に早くても中1日かかります。

また、契約完了してからSIMカードを郵送で送るため、自宅に届くまでの日数もかかります。お住まいによっては早ければ2日、最長で1週間かかる地域も。

WEB契約する場合は余裕をもって早くて3日前後、遅くても7日程度と考えておきましょう。

ネットが苦手な方でも申込みは簡単!わずか10分で完了!

実際にWEBでの契約に要する時間は約10分程度です。

契約自体は申込み画面の流れに沿って必要事項を入力していくだけです。入力と言っても実際に文字入力するのは契約者の個人情報(氏名・住所・電話番号・カード情報など)のみ。

あとは流れに沿ってご希望の項目を選択していくだけなので簡単です。ネットでの契約やお買い物が初めてという方でも迷うことなく申込みすることができるでしょう。

WEB契約で申し込んだ場合の流れ


WEBでも契約が初めてで不安という方もいらっしゃると思うので、イメージできるようにWEB契約から実際に使えるようになるまでの大まかな流れを説明しますね。

トラブルなくスムーズに契約して格安スマホを使えるようになるためにも、全体のイメージをここで掴んでおきましょう!

STEP1 ご希望の格安スマホ会社にて対応機種を確認

「端末+SIMセット」で契約する場合は申し込み画面より端末を選びます。今持っているスマホ端末をそのまま使いたい場合は、公式ページより対応機種かどうか必ず確認しましょう。

STEP2 SIMロック解除手続き

SIMロック解除は必要な場合とそうでない場合があります。

例えば、「今使っているキャリア回線がドコモならドコモ回線を選ぶ」というように、同一回線を選べばSIMロック解除する必要がないのでおすすめです。

もし、「今までの回線=ドコモ」からau回線、ソフトバンク回線にする場合はロック解除しないと届いたSIMカードを挿入してもドコモ回線のロックがかかっているので利用することができません。

なので、よほど今まで使っていた回線が「大嫌い!!!」にならない限りは、回線を変えるメリットはないです。SIMロック解除する手間が省けるので、回線は今までと同一回線を選ぶのが最適と言えるでしょう。

STEP3 MNP手続き

MNP手続き今の電話番号を引き継ぐ場合にのみ必要です。新規で申込む場合は必要ありません。

申し込み時にMNP予約番号を入力しなければいけないので忘れないように余裕をもって発行しておきましょう。発行は電話あるいはWEBでできますが、WEB手続きの場合は手数料がかからないのでおすすめです。

STEP4 ご希望の格安スマホ会社のWEBページにて申し込む

上述したように申込み画面の案内に沿ってご希望のプラン、オプションなどを選択、個人情報の入力をするだけです。ネットに不慣れな方でも10分もあれば契約完了できます。

いざ申込みを初めてからバタバタしないように、本人確認ができる免許証などの写真を予めスマホで撮っておく。決済ページでクレジットカード情報を入力するので、手元に準備しておきましょう。申込みが完了すれば、あとはSIMカードが届くのを待つだけです。

STEP5 SIMカードが届いたらスマホ端末の「初期設定」をする

SIMカードが手元に届いたら、さっそくスマホ端末にSIMカードを挿入し必ず初期設定をしましょう。

とはいってもSIMカードを差し替えるとスマホ画面に初期設定の案内が表示されるので、指示通りに設定するだけです。端末操作が苦手な方でも簡単にできるので安心してください。初期設定が完了すれば今まで通り利用可能になります。

「端末とSIMカード」セットで契約した場合、MVNOによって「初期設定」済みの端末が送られてくる所もあります。

店舗で契約する場合

以前はWEB契約での販売のみという格安スマホも多かったですが、今は多くの格安スマホが路面の代理店、あるいは家電量販店にて対面契約できるようになっています。

とはいっても、全体からするとまだまだ少ないのは否めませんが、どうしても対面契約が良い、あるいは契約したその日に使いたいという方は店舗がおすすめです。

店舗での対面契約なら即日開通も可能!


「スタッフと相談してプランを決めたい」「即日、使いたい」という方は店舗契約がベターです。今ではヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラなど家電量販店にも格安スマホ専用のカウンターがあるのでスタッフに話を聞きながら契約することができます。

店舗契約する場合の注意点


「スタッフに相談しながら契約できる」「即日使える」のは良いのですが、家電量販店で契約する場合は注意が必要です。

それは、キャリアの専門店と比べると、はやりスタッフさんの対応力は落ちる印象があります。つまり、スタッフに相談しても期待する対応がかえって来ない場合もあるってことです。

ただ、UQモバイル、LINEモバイル、Y!mobileといった大手MVNOの中には、実店舗を全国展開しているところもあります。その場合は専門のスタッフが対応するので契約時のプランの相談や疑問にもしっかりと対応してくれるので安心です。

また、イオンモバイルであれば全国のイオンで契約が可能なです。休日に家族で買い物に行ったついでに、家族分をまとめて契約するなんてこともできます。また契約後の疑問もイオンに買い物ついでに聞けるので便利です。

結局、WEBと店舗どっちで契約するのが良いの?


格安スマホの契約をWEB、店舗それぞれで契約した場合の「使えるまでの期間」「契約時の注意点」についてお伝えしてきましたが、どっちで契約するにしてもメリット、デメリットはやはりあります。

「契約したその日に使いたい」という方は店舗、「店舗に行く時間や面倒を省きたい」という方はWEB契約かなと思います。

ちなみに私はイオンモバイルを契約するとき、車で5分ほどの所にイオンがありますが家でスマホ片手に10分もかからずに契約完了しました。SIMカードは契約日の確か3~4日後でした。

イオンモバイルは「端末+SIM」セットで契約した場合、初期設定済みの端末が届くので一緒に届いたSIMカードを挿入するだけなんですけど…

余談ですが…私は、端末はアマゾンで「SIMフリー端末」を購入して、SIMだけの契約だったので初期設定は自分でしましたが1分程度で完了しました。初期設定を自分でするのは初めてで不安でしたが拍子抜けするほど簡単でした。