月々のスマホ代を少しでも安く抑えるために家族割を利用する方も多いと思います。

ドコモの場合は「みんなドコモ割」適用で550円から最大1100円の割引がありますが、それでも現状、まだまだキャリアのスマホ代は決して安いと言えません。

そこで家族割がある格安SIMへ家族で乗り換えるという方も増えています。家族割がある格安SIMはいくつかありますが、中でも人気なのがワイモバイル(Y!mobile)です。

もしかしたら、あなたもワイモバイルへ家族での乗り換えを検討中かもしれませんね。

そこで、この記事ではドコモからワイモバイルへ家族で乗り換えた場合、「どれくらい安くなるか」実際のプランを元にご紹介していきます。

尚、この記事ではなるべくシンプルでわかりすく各社の料金を比較できるように「基本使用料」に「家族割」を適用した場合のみで計算しています。

これから家族でワイモバイルへの乗り換えを考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!

 

ドコモ・ワイモバイルの基本使用料と家族割値引き額

2社の家族割で共通して言えることは、家族割が適用されるのは2回線目以降ということ。そしてプランを解約しない限り、ずっと適応されます。

それでは両者の各プランごとの基本使用料を見ていきましょう!

【ドコモ料金プラン】

ドコモの料金プランは下記のように「ギガホプレミアム」「ギガライト」の2プランのみです

❐ギガホプレミアム…7205円(定期契約なし)
※データ使用量が3GB以内の月は▼1650円

❐ギガライト…3465円~6150円(定期契約なし)
・~1GB…3465円
・~3GB…4565円
・~5GB…5665円
・~7GB…6765円

❐家族割の割引額
・回線の場合▼550円
・3回線の場合▼1100円
・ahamoも1回線としてカウントされる

上記したようにドコモが新たに提供しているサブブランド「ahamo」も「みんなドコモ割」の対象になるのは嬉しいですね。

ただ、各プランのギガ数が両極端なので、毎月10GBから20GBくらいをギガを使う方にとっては決して優しいプラン設定とは言えないかなと個人的には思います。

【ワイモバイル料金プラン】

ワイモバイルの料金プランは下記の3プランのみと、とてもシンプルです。

最大ギガ数はシンプルLの25GBですが、月25GBあれば、Web閲覧、LINEアプリ、ゲーム、動画視聴、その他SNSなどの利用にも十分足りるギガ数です。

・シンプルS(3GB)…2178円(990円)
・シンプルM(15GB)…3278円(2090円)
・シンプルL(5GB)…4158円(2970円)

※()内は家族割適用時の基本使用料です。

上記プランにデータ増量オプション(月額550円)を付ければ加入月から13ヶ月間無料で

・シンプルSは1GB増量
・シンプルM・Lは3GB増量

プランに応じてギガが増えるのも嬉しいですね。

このキャンペーンがいつまで続くかは不明ですが、格安SIMは頻繁にこういったキャンペーンをするので、キャンペーン期間中に乗り換えるとさらにお得なるので狙い目です。

また、ワイモバイルが他の格安SIMと比べて特徴的なのは「契約期間縛りなし」「解除料なし」という点です。

キャリアのように2年縛りがある格安SIMはありませんが、最低でも契約から1年以内に解約すると解約手数料が発生するところが多い中で、ワイモバイルは一切ないありません。

 

夫婦で使う場合の料金比較

ここでは夫婦でドコモ、ワイモバイルを利用した場合のスマホ代を見ていきましょう!

【ドコモを夫婦で利用した場合】

・夫…ギガホプレミアム(60GB)⇒ 7205円
・妻…ギガライト(3GB )⇒4565円

・基本使用料合計…11770円
・家族割適用で2回線目(妻)が550円割引されるので4015円で合計11220円
・1人あたり5610円

 

【ワイモバイルを夫婦で利用した場合】

・夫…シンプルL(25GB)⇒4158円
・妻…シンプルS(3G)⇒2178円

・基本使用料合計…6336円
・家族割適用で2回線目(妻)が1188円割引されるので990円となり、合計5148円
・1人あたり2574円

❐仮に妻もシンプルLを契約してた場合

・夫…シンプルL(25GB)⇒4158円
・妻…シンプルS(25GB)⇒4158円

・基本使用料合計…8316円円
・家族割適用で2回線目(妻)が1188円割引されるので2970円となり、合計7128円
・1人あたり3564円

家族3人で家族割を適用した場合の料金

ここでは家族3人でドコモ、ワイモバイルを家族割で利用した場合のスマホ代を見ていきましょう!

利用人数が増えるほど、家族1人あたりのスマホ代がお得になるのが家族割の最大のメリットです。

【ドコモを家族3人で利用した場合】

・父親…ギガホプレミアム(60GB )⇒7205円
・母親…ギガライト(3GB )⇒4565円
・子供…ギガライト(3GB)⇒4565円

・基本使用料合計…16335円
・家族割適用で2回線目(妻)、3回線目(子供)がそれぞれ1100円割引されるので3465円で合計14135円
・1人あたり4711円

【ワイモバイルを家族3人で利用した場合】

・父親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・母親…シンプルS(3GB)⇒2178円
・子供…シンプルS(3GB)⇒2178円

・基本使用料合計…8514円
・家族割適用で2回線目(妻)、3回線目(子供)がそれぞれ1188円割引されるので990円となり、合計6138円
・1人あたり2046円

❐母親と子供がシンプルMで契約した場合

・父親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・母親…シンプルM(15GB)⇒3278円
・子供…シンプルM(15GB)⇒3278円

・基本使用料合計…10714円
・家族割適用で2回線目(妻)、3回線目(子供)がそれぞれ1188円割引されるので2090円となり、合計8338円
・1人あたり2779円

❐家族3人がシンプルLにした場合

・父親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・母親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・子供…シンプルL(25GB)⇒4158円

・基本使用料合計…12474円円
・家族割適用で2回線目(妻)、3回線目(子供)がそれぞれ1188円割引されるので2970円となり、合計10098円
・1人あたり3366円

 

家族4人で家族割を適用した場合の料金

家族4人で家族割を適用して利用すると、ドコモとワイモバイルではかなりスマホ代に差が出てきます。

家族ひとりひとりで毎月使うデータ使用量も違うでしょうから、やはりワイモバイルは料金も含めて選びやすいプラン設定になっている印象があります。

【ドコモを家族4人で利用した場合】

・父親…ギガホプレミアム 60GB 7205円
・母親…ギガライト(3GB)⇒4565円
・子供…ギガライト(3GB)⇒4565円
・子供…ギガライト(3GB)⇒4565円

・基本使用料合計…20900円
・家族割適用で2回線目以降が、それぞれ1100円割引されるので3465円で合計17600円
・1人あたり4400円

【ワイモバイルを家族4人で利用した場合】

・父親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・母親…シンプルS(3GB)⇒2178円
・子供…シンプルS(3GB)⇒2178円
・子供…シンプルS(3GB)⇒2178円

・基本使用料合計…10692円
・家族割適用で2回線目以降が、それぞれ1188円割引されるので990円となり、合計7128円
・1人あたり1782円

❐母親と子供2人がシンプルMで契約した場合

・父親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・母親…シンプルM(15GB)⇒3278円
・子供…シンプルM(15GB)⇒3278円
・子供…シンプルM(15GB)⇒3278円

・基本使用料合計…13992円
・家族割適用で2回線目以降が、それぞれ1188円割引されるので2090円となり、10428円
・1人あたり2607円

❐家族4人がシンプルLにした場合

・父親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・母親…シンプルL(25GB)⇒4158円
・子供…シンプルL(25GB)⇒4158円
・子供…シンプルL(25GB)⇒4158円

・基本使用料合計…16632円
・家族割適用で2回線目以降が、それぞれ1188円割引されるので2970円となり、合計13068円
・1人あたり3267円

 

ワイモバイルへ乗り換えるメリット・デメリット

ここまで両者の価格をプランごとに紹介してきましが、家族で利用する場合、ワイモバイルに乗り換えた方が毎月のスマホ料金はかなり節約できます。

料金だけ見ると、すぐにでもワイモバイルへ乗り換えた方が良いと思うかもしれませんね。

ただ、家族で乗り換える場合は、どうしてもメリットとデメリットがあります。いざワイモバイルへ乗り換える時のために確認しておきましょう!

【ワイモバイル家族割のメリット】

ワイモバイルへ乗り換えるメリットはなんと言っても、毎月のスマホ料金が圧倒的に安くなるということ。

キャリアから乗り換える際は、例えば「定期契約あり」で契約している場合は解約する月によっては解約金1000円が発生するケースもあります。また格安SIM申し込み時には事務手数料として3000円かかります。

乗り換える際には手間もかかるし、費用も発生します。それでもキャリアからワイモバイルへ乗り換える家族が増えている最大の理由は、やはり安さと言えるでしょう。

【ワイモバイル家族割のデメリット】

「家族割」目的でワイモバイルへ乗り換える際は契約者(父親)の名義に統一しなければいけません。

そこで注意しなければいけないのが、キャリアから格安SIMへ電話番号そのままで乗り換え(MNP)する場合です。

MNPの場合、現在契約しているキャリアの契約者名義と、これから乗り換える格安SIMの契約者名義が一致している必要があります。

名義が一致していないと家族割を適用するどころか契約自体ができません。

例えば、格安SIMの契約者名義を父親にする場合は、現在の契約キャリアの名義を父親名義へ変更してから解約、そして格安SIMへ乗り換えする必要があります。

このように、家族割を適用する場合は契約者名義を1つに統一しなければいけません。

また、格安SIMへ乗り換えた後、契約者以外の家族が他の格安SIMへ乗り換えるときには契約者名義を変更してから乗り換えなければいけません。

 

【結論】家族全員が最大ギガプランにしても圧倒的に安い!

以上、ドコモとワイモバイルを家族割で利用した場合の料金についてご紹介してきました。

結論から言うと、ワイモバイルへ乗り換えることで家族全員のスマホ料金がかなり節約できることがわかったと思います。

ワイモバイルを家族4人が最大ギガプランの「シンプルL(25GB)」を契約したとしても

・家族合計の基本使用料…16332円
・家族割適用時の合計…13068円
・1人あたりの月額スマホ料金…3267円

になます。

ドコモの場合、父親が最大ギガプラン(60GB)、母親と子供2人が最小ギガプラン(3GB:4565円/月)を契約したとしても、

・家族合計の基本使用料…20900円
・家族割適用時の合計…17600円
・1人あたりの月額スマホ料金…4400円

となり、ワイモバイルの方が月額で1133円も安くなります。1年間で13596円、3年で40788円、5年で67980円の差がスマホ代だけでついてしまう計算になります。

ただ、実際は月15GBあれば十分に快適なスマホライフが送れるでしょう。もし子供がまだ小学生、中学生の場合、あるいは自宅にWi-Fi環境があれば3GBのシンプルSプランでも十分と言えます。

 

【家族全員がシンプルプランS(3GB)にするとかなり節約できる】

シンプルSプランは月額2178円です。家族割を適用すると2代目以降は「990円」になるので、合計5148円、1人あたりはたった「1287円」になります。年間でもわずか15444円です。

もちろん家族それぞれが毎月必要とするデータ通信量も違うでしょうから、一概に全員が3GBで十分とは言えません。それでもワイモバイルへ乗り換えることで毎月のスマホ料金がかなり節約できます。

ただ、ワイモバイルの家族割を適用するデメリットは前述したように契約者名義を統一しなければいけないため、乗り換えの際にまずは格安SIMの契約者名義に変更する手間がかかります。

そして、ワイモバイル乗り換えた後に、通信速度や使い勝手に不満があり通信会社を変える場合には、また名義変更をしなければいけないなど手間がかかります。

そういった手間をかけないためにも、ワイモバイルに限らず格安SIMや他の通信会社へ家族割目的で乗り換える際は、十分にプランやオプション、サービス、サポートなどを検討した上で行うようにしましょう。