現在、ますます利用者が増え続ける格安スマホ。「格安スマホ=安い」というイメージを持っている人は多いですが、いざ「格安スマホって何ですか?」と聞かれると、すぐに納得のいく答えを返せる人って意外に少ないんです。

何を隠そう、この記事を書いている私もキャリアで十分と思っていたので興味すらありませんでした…。当然、なんとなく聞いたことがある程度だったため、知らないことで恥ずかしい思いをしたことも。それはさておき…

スマホの達人レベルに誰もが唸るほどの回答ができる知識を持つ必要なんてありませんが、やはり「格安スマホって何」と聞かれてすぐに答えれるレベルの知識はもっておきたいところですよね。

聞かれても困らない程度の「格安スマホ」知識は持っておこう!

そもそも「格安スマホとは何?」と言われたら…

まず格安スマホを理解するうえで「MNO」「MVNO」について知っておきましょう。あなたも一度は目にしたことがあるかもしれませんね。どちらも「通信事業者」を意味しますが両者には決定的な違いがあります。何が違うのかをわかりやすく解説していきますね。

MNOとは

MNO(エムエヌオー)とは「Mobile Network Operator」の略で「移動体通信事業者」のことを言います。つまりキャリアであるドコモ、au、ソフトバンク、そして新規参入した楽天がこれにあたります。

キャリアは総務省から割り当てられた回線を自前の基地局を介して、私たちのスマホ、パソコン、タブレットなどに届けてくれています。この回線網(通信)網のおかげで、私たちは当たり前に電話ができたり、インターネットを利用できるわけです。

MVNOとは

MVNO(エムブイエヌオー)とは「Mobile Virtual Network Operator」の略で「仮想移動体通信事業者」のことを言います。これがあなたもご存じの「格安スマホ」を扱っている事業者を指します。

MVNOはキャリアとは違い総務省から回線を割り当てられていません。つまりキャリアのように自前の基地局はもちろん自社の回線網すらもっていません。ではどうやって私たちに回線網を提供しているか不思議ですよね。

答えはドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアから回線を借りています。回線の一部を借りることで私たちに回線網を提供しているのです。

教えて!格安スマホと格安SIMは何が違うの?

よく「格安スマホと格安SIMって何が違うの?」と聞かれることがあります。雑誌やニュースを見ていると「格安スマホ」のほかに「格安SIM」という言葉を目にします。そのせいで余計に混乱する人もいるようです。

結論から言うと両者の意味合いは同じです。ただ厳密に違いをいうとすれば、格安SIMはMVNOが提供する「格安で利用できるSIM」を指すのに対して、格安スマホはMVNOが提供する「スマホ端末と格安利用できるSIMのセット」を指します。

でもこう言うと必ずといっていいほど、「じゃあ、SIMって何?」と突っ込まれます…。そこで「SIM」についてわかりやすく解説していきますね。

SIMが何かわからないと格安スマホへ乗り換えどころではありません!

専門家を目指すわけではないので、ここでは最低限「SIMとはこういうものだ!」というのがわかればOKです。

これさえ抑えておけば、格安SIMの乗り換える際に、困ることやS悩むことも随分と少なくなります。

スマホにはなぜSIMカードが必要なのか?

SIMカードの基本のキ

SIMカードを簡単にいうと「加入者の通信情報が記録されているICカード」のことです。

加入者(ユーザー)の「電話番号」「ID情報」が記録されていて、このSIMカードがなければ通話はもちろんインタネットを利用することができません。

ただSIMカードがなくてもできることもあります。参考までに以下まとめているのでご覧ください。
   

SIMカード「あり」「なし」でできること

SIMカードでできること

・電話回線による通話
・インターネット上の情報の送信・受信

例えばメール、LINEなどのアプリ、ネット検索、YouTubeなどの動画・音楽視聴など
その他にもSMS(ショートメッセージ)の送受信

SIMカードがなくてもできること

・インターネット接続を必要としないアプリの操作
例えば、計算機、メモ帳などもともとスマホの中にあるアプなどインターネット通信を必要としないものは利用可能です。

SIMカードの種類は3+1タイプと覚えておこう!

SIMカードのサイズは「3+1種類」です。敢えてこういう書き方をしたのは、3種類に加えて新たに形態の異なるSIMカードが誕生したからです。

各種類を覚える必要はありませんが、もしあなたが今のスマホで他社へ乗り換える場合に、このSIMのサイズは重要です。

以下に、現在使用されているSIMカードを紹介するので参考に見てくださいね。

標準SIMとは

標準SIMカードはサイズが25mm×15mmで、現在使用されているSIMカードの中で最もサイズが大きいSIMです。iPhone3GS以前、比較的に古いアンドロ委d端末は標準SIMサイズです。

microSIMとは

microSIMカードは2003年から使用されはじめ、カードサイズは15mm×12mmの大きさです。2010年以降に販売されたiPhone4とiPadへの導入をきっかけに多くの端末で使用されるようになったSIMです。現在も多くの端末で使用されています。

nanoSIMとは

nanoSIMカードはSIMカードの中では最小で12.3mm×8.8mmです。標準SIMカードと比べて随分とコンパクトになっています。2012年発売のiPhone5から導入されはじめ、多くのアンドロイド端末でも使用されています。

新機種端末は間違いなくといっていいほどnanoSIMカードなので覚えておきましょう。

eSIMとは

eSIM(イーシム)は上記3種類のSIMカードと違って「端末一体型」のSIMです。つまり端末に組み込まれているため、従来のようにカードを挿入、差し替えする必要がないのでとても便利です。

そのため格安SIMを契約後にSIMカードが届くのを待つ必要もないし、紛失や破損すの心配もないわけです。

まだまだ導入されている端末は少ないですが、今後はnanoSIMカードから徐々にeSIMへ切り替わっていくでしょう。

以上4タイプのSIMについてお伝えしてきましたが、なんとなくでもいいので覚えておきましょうね。

格安スマホに乗り換えたはいいけど、「SIMカードが入らない…」なんてことにならないよう「スマホ端末によって挿入できるSIMカードのサイズが3種類あるんだな!」と覚えておけばOKです。

手持ちのスマホで格安SIMへ乗り換る際は必ず、自分のスマホのSIMカードサイズが乗り換え先の格安SIMカードのサイズと適合するか確認するようにしましょう。

教えて!格安スマホは結局なにが良いの?

ここまで「格安スマホとは何か?」「SIMって何?」という基本的知識についてお話してきましたが、「結局、格安スマホは何が良いの?」ってことになりますよね。

おそらく多くの人は、「格安スマホ=安い」というのは知っていますが、「安い以外に何が良いの?」と聞かれると「知らない…」って人がほとんどだと思います。

ただ安いって理由だけで格安スマホが年々シェアを拡大することはなかったでしょう。わざわざ乗り換えるからには「安さ」以外にもメリットがあるわけです。

もし、あなたがいま格安スマホへの乗り換えを検討中であれば、「格安スマホ=安い」というイメージだけで乗り換えるのは超デンジャラスです。

乗り換える前にぜひ、こちらの記事で格安スマホのメリット・デメリットについて詳しく解説しているので参考に見てくださいね!

今さら聞けない!格安スマホが安い理由&キャリアとの決定的な違いとは?