格安SIMへ乗り換える場合、「今使っているiPhone、Androidをそのまま使えるの?」と疑問に思っている方も多いようです。もしかしたら、あなたもその1人かもしれませんね。

結論から言うと、今使っているiPhoneやAndroid端末は格安SIMへ乗り換えても、そのまま使うことができます。

ただ、場合によっては使えないケースもあるので注意が必要です。

では、「どういう場合に使えないのか?」これを知らずに乗り換えてしまうと、「契約したはいいけど、使えない」という最悪の事態にもなりかねません。

そこで、この記事では、

1.手持ちのスマホで乗り換える際に必ず確認する2つのこと
2.格安SIMへ乗り換えるとスマホのデータはどうなるのか?
3.キャリアから格安SIMへ乗り換える際に、失われるもの

以上、3つのポイントを順にご紹介していきます。

あなたが、将来、格安SIMへの乗り換えで「失敗したくない」「後悔したくない」と思っているなら、これから紹介する3つのポイントをぜひ見てくださいね!

手持ちのスマホを格安SIMで使えない2つのパターン


まず、ここでは今お使いのスマホが使えない2つのパターンについてご紹介します。

2つのパターンとは・・・

・SIMロックしないと使えない
・SIMロックしてSIMフリーにしても使えない

があります。それぞれ詳しく解説していくので参考にしてくださいね!

SIMロック解除しないと使えないパターン

あなたもご存知、キャリアで購入したスマホにはSIMロックが掛かっています。

格安SIMによってはSIMロックが掛かった状態で、「使える」ケースと「使えないケース」があります。

「使えない」といってもSIMロック解除すれば使えるので厳密に言えば・・・

・SIMロック解除しなくても使える
・SIMロック解除しないと使えない

の2パターンがあるということです。

SIMロック解除しなくても使えるケースとは?

格安SIMはドコモ、au、ソフトバンクから回線をレンタルしており、それぞれ「ドコモ系」「au系」「ソフトバンク系」に分かれています。

例えば、あなたのスマホがドコモで購入した端末の場合、乗り換えを希望する格安SIMの回線が「ドコモ系」であれば、SIMロック解除をする必要はありません。

同じドコモ回線なので、今お使いのスマホをそのままの状態で契約した格安SIMカードを挿入すれば使えます。

SIMロック解除しないと使えないケースとは?

キャリアと格安SIMの回線が同じでない場合は、そのままの状態では使用することができません。

例えばドコモで購入したiPhoneをau回線もしくはソフトバンク回線の格安SIMでは使えないということです。

この場合は、ドコモとのキャリア契約を解除する時に、SIMロック解除して「SIMフリー」の状態にしてから、格安SIMの契約をする必要があります。

意外と、このことを知らない、あるいはSIMロック解除するのをうっかり忘れて格安SIMの契約をしてしまう方が多いので注意してくださいね!

もし、忘れていた場合でもSIMロック解除はキャリアとの契約解除後でもできます。解除してSIMフリーにさえすれば、契約済みの格安SIMカードを挿入すれば、問題なく利用できるので安心してくださいね。

SIMロック解除してSIMフリーにしても使えないパターン

SIMロック解除しても格安SIMが使えない理由
基本的には、回線が違う場合でもSIMロック解除さえすれば、「ドコモ系」「au系」「ソフトバンク系」すべての格安SIMを利用することができます。

ただ、場合によってはSIMロック解除してSIMフリー状態にしても使えないケースが稀にあります。

簡単に説明すると・・・
総務省が割り当てている電波の「周波数」はキャリアによって違います。スマホ端末を正常に使用するためには、スマホ端末とSIMカードの周波数が一致している必要があります。

大事なのでもう一度いいますが、同じ回線の格安SIMへ乗り換えるのであれば問題なく使用できます。

要注意なのはSIMロック解除して他回線の格安SIMへ乗り換える場合、スマホ端末の周波数に適応していない格安SIMがあります。

この場合、周波数が一致していないのでSIMフリーにしても使用することができません。

そういった事態を防ぐために、格安SIMを提供するMVNOは公式ページにて、必ず「動作確認端末一覧」を掲載しています。今のスマホを引き継いで使う場合は、契約前にかならず確認しましょう!

他にも、使用できないケースがあるので、まとめると・・・

・各MVNOの「動作確認端末一覧」に乗っていない機種
・海外で販売された端末(国内版でない端末)
・製造月日が古い端末

※iPhoneであれば「6S」以降の機種であれば、どのキャリア回線の格安SIMにも対応しています。それ以前の機種の場合、対応していない格安SIMもあるので要注意です。

必ず、公式ページにて「動作確認端末一覧」にて、あなたの機種が掲載されているか確認しましょう!

現在では、ドコモ回線系の格安SIMが多いですが、徐々にau回線、ソフトバンク回線に対応する格安SIMも増えてきています。

希望の格安SIMにスマホが対応していない場合の解決策

問題は、SIMロック解除しても希望する格安SIMが使用できないケースですよね。この場合の解決策は2つしかありません。

1.別の格安SIMへ変更する

今お使いのスマホ端末をどうしても使いたい場合は、希望する格安SIMを諦めて、別の対応している格安SIMへ変更する以外ありません。

2.端末を買い替える

「いや、私は○○格安SIMじゃないとダメ!」という場合は、もう今使っているスマホ端末を諦めて、「端末+SIM」セットで契約してスマホを買い換えるしかありません。

どちらを選ぶかは、その人次第ですが、残念ながら「端末」「格安SIM」のどちらかを諦めるしか方法ないのが現状です。

とは言っても、iPhoneであれば「6S」以降の機種であれば全回線対応なので安心してください。

Androidの場合でも2015年以前など、かなり古い機種でなければ対応していますが100%大丈夫とは言えないので、しつこいようですが…必ず確認するようにしましょう!

格安SIMへ乗り換えるとスマホのデータはどうなるのか?

格安SIMへ乗り換えた場合のデータについて
格安SIMへ乗り換えた場合に「データはどうなのか」って気になりますよね。

例えば、写真、動画、音楽、LINEなどアプリのデータはどうなるのか・・・ここでは端的に解説していきますので、気になる方はぜひご覧ください!

写真・動画・音楽はどうなるの?

結論からいうと、格安SIMへ乗り換えたとしてもまったく問題ありません。つまりデータが消えることはないということです。

中には、今使っているスマホのキャリアのSIMカードを格安SIMへ変更するとデータが消えると思っている方もいますが…そんなことはありません。

理由は、SIMカードに記録されているのは契約者の名前、電話番号など「契約者を特定するためのデータ」だからです。

スマホで撮影して保存した写真、ダウンロードした動画や音楽などはスマホ端末に保存されているため、SIMカードを変えても消えることはありません。

iPhoneの場合は端末自体に保存されていますし、Androidの場合は端末自体、もしくはSDカードに保存されているため、スマホ端末を新しく買い替えないかぎり、そのまま残るので安心してください。

利用中のアプリはどうなるの?

今使っているアプリもスマホ端末自体にダウンロードして保存しているのでSIMカードを変更してもそのまま利用することができます。

新たにダウンロードして「アカウントの引き継ぎ」「データ移行」が必要なのは、機種変更してスマホ端末が変わった時だけです。

ただ、アプリに関しては格安SIMへ乗り換えた際に、1つだけ注意点があるので事項の記事を必ずチェックしてくださいね!

キャリアから格安SIMへ乗り換える際に、失われるもの

キャリアから格安SIMへ変更した時に使えなくなるもの
ここでは、キャリアから格安SIMへ乗り換えた場合、今まで当たりまえに使えていたものが使えなくなるケースがあるので、念の為ご紹介します。

メールアドレスは引き継げるのか?

キャリアから格安SIMへ乗り換えると、今まで使っていたキャリアメールは使えなくなります。

キャリア契約を解除したわけですから、使えなくなるのは当然と言えば当然なんですが、ここで1つ注意してほしいことがあります。それは…

キャリアメール消失で困ること

スマホ端末そのままで格安SIMに乗り換えた場合のアプリに関して1つだけ注意することがあります。

アプリやSNSの「ログインメール」に「Gメール」「「ヤフーメール」などのフリーメールを設定している場合は、今までどおり問題なく使えます。

問題はログインメールに「キャリアメール」を設定している場合、キャリアメールが使えなくなるので、必然的にアプリも使えなくなります。

メールアドレスは、LINEやFacebookなど多くのアプリを利用する上で必ず必要です。

・ログインするとき
・パスワードを忘れた際の確認、あるいは再設定するとき
・機種変更してアカウント引き継ぎをするとき

キャリアメールを利用していると、携帯会社を変えるたびに使えなくなるため、ずっと使い続けるアプリのメールアドレスはGメールなどのフリーメールをおすすめします。

ログインメールにキャリアメールを設定している人は、キャリア契約を解除する前に、必ずメールアドレスを変更しておきましょう!

今後のアプリ、SNSに必要なメールアドレスはどうするの?

メールアドレスは、アプリやSNS以外にも、楽天市場やアマゾンなどネット通販を利用する際など必要なケースが増えてきましたよね。

キャリアメールを今まで使っていた人は、今後はGメールなどのフリーメルを利用するようにしましょう。それ以外にも格安SIMが提供している専用メールアドレスを利用することもできます。

格安SIMの専用メールアドレスを使う

無料、有料で提供している格安SIMもあるので、フリーメールに抵抗がある人は利用してみてもいいかもしれませんね。

・OCNモバイルONE…〇〇@ocn.ne.jp(無料)
・BIGLOBEモバイル…〇〇@biglobe.ne.jp(無料)
・mineo…〇〇@mineo.jp(無料)
・UQモバイル…〇〇@uqmobile.jp(月額200円)
・IIJmio…〇〇iijmio-mail.jp(月額300円)

これまでのキャリア端末保証はどうなる?

手持ちのキャリア端末で格安SIMへ乗り換えた場合に、気になるのが「端末故障時の補償・サポート」ですよね。

結論から言えば、契約解除した後でもスマホ端末の販売元であるキャリアの故障修理窓口にっ問い合わせれば対応してくれますが条件があります。

それは「端末の保証期間内」であることです。

保証期間内であれば契約時と同様に保証の範囲内で修理代金の保証、場合によっては無償修理も可能です。ただ、修理期間中の代替機を借りることはできません。

最近では持ち込み保証を提供する格安SIMが増えている

以前まで、キャリア端末、または自分で購入した端末を持ち込みで、格安SIMのみ契約する場合は「端末補償」をしてくれないケースが多かったんですが…

最近では、端末持ち込みの場合でも有料オプションとして、しっかりと端末保証してくれるMVNOが増えてきています。

ただ、格安SIMの端末保証オプションは「契約時にみしか付けれない」場合が多いので注意しましょう。契約した数日、数ヶ月後に「やっぱり付けたい」と思っても付けれません。不安な方は契約時に必ず付け忘れのないようにしましょう。

キャリア端末で乗り換える時の注意点【まとめ】


ここまで、今使っているiPhone、Androidを持ち込みで格安SIMへ乗り換える場合の注意点についてご紹介してきましが、参考になったでしょうか?

端末そのままでSIMカードのみ契約して利用することは可能ですが、注意すべきことがあるので再度、以下にまとめておきますね!

注意点まとめ

・同回線であればSIMロック解除不要
・他回線の場合はSIMロックが必要
・SIMロック解除しても使えない場合があるので注意
・公式ページの「動作確認端末一覧」を必ず確認する

乗り換えの際は上記4つの注意点を思い出して「失敗」「後悔」しないようにしましょう!