YouTube動画は思っている以上にデータ通信量を消費するってご存知でした?

気づけば、「月末まで、まだ1週間以上もあるのに残りギガ数があとわずか…。」「ギガオーバーして通信速度制限かかっちゃった」なんて人も。仕方なく外出先での動画視聴を控えるという方も少なくないようです。

そこで今回はYouTube動画を1時間視聴した場合に消費されるギガ数(データ通信量)を実際に検証してみました!

「気づけばギガ数を使い果たしてしていた…」なんてことにならないように、今回は、「」動画を1時間視聴した場合のギガ消費量」「効果的なギガ節約法」をご紹介します!

YouTube動画のデータ通信量は画質で変わる!


まず動画には「画質」というのがあります。「画質って何?」て聞かれると上手く説明はできないけど、なんとなくでも映像の質を表す言葉だなというのは、あなたもご存じだと思います。

当然、YuoTubeにアップされている動画にも「画質が高い動画」「画質が低い動画」があります。

実は、この画質の「高い」「低い」によって、同じ動画を1時間観たとしても消費されるギガ数は変わるんです。意外と、このことを知らず、ギガ数がどんどん消費されていることに気づいてない人が多いようです。

そこでYouTube動画を1時間視聴した場合、ギガ数をどれだけ消費するのかを見ていきましょう!

1時間あたりのギガ消費量を調べてみた結果

YouTube動画の画質には、
「144p」「240p」「360p」「480p」「720p」「1080p」・・・
というようにランクがあります。

そして前述したように動画を1時間を観るにしても「画質」によって消費するギガ数が変わってきます。

画質ごとに消費するギガ数を表にまとめたので、参考に見てくださいね!

このように、低画質になるほど消費するギガ数は少なくなり、高画質になるにつれて消費するギガ数は多くなります。

そして、注意してほしいのはYuoTube動画の画質は「初期設定では自動」になっているということです。

「自動」とは、つまり利用者のスマホの回線速度、視聴する動画のサイズによって最も高い画質が自動的に選択されるようになっています。基本的に自動設定では「480p」の画質が選択されていることが多いです。

表を見てもわかるように、画質がもし「720p」以上の高画質に設定された状態で動画を視聴してしまうと、1GBなんてあっという間に消費されてしまうので要注意です!

動画の視聴前・中に流れる広告にもデータ通信を消費している?!


いざ動画を観ようとすると初めに広告が勝手に流れることがありますよね。5秒経過後に「スキップ」できるので、当然あなたもスッキプしていると思うんですが。

中には「スキップできない広告」を目にしたことありませんか?あれって、ちょっと歯がゆいですよね。

実は、この数秒の広告もギガを消費しているって知ってましたか?これって案外、知らない方が多いようです。

この事実を知ると中には、「観るつもりのない広告にまでギガを消費してるなんて、納得いかない!」なんて思う方もいるかもしれませんが、これはもう仕方ないので諦めましょう。

だって私達は、ありがたいことに無料でYouTubeアプリの動画をを視聴できるわけです。運営側もサービスを無償で提供すれば運営自体が成り立ちません。そこで広告から収益を得ているということです。

YouTubeの有料会員(プレミアム会員)になれば広告は非表示にできますが、無料で視聴してる限りは広告は必ず流れます。

それはさておき、私が言いたかったことは「数秒の広告動画にもギガ数を消費しているという意識」は持っていたほうが良いということです。

視聴前に画質を自分で設定すればギガ数を抑えることができる!


実はYouTubu動画の画質は自分で設定することができます。意外と知らない方が多いようなので「画質の設定方法」をわかりやすく画像を交えて解説します。

たった3ステップ、いや実質は2ステップで簡単に設定できるのでぜひ試してくださいね!

初めて知ったという方は、設定方法は簡単なので次回から動画を視聴するときは必ず低画質に設定しましょう。そうすれば消費ギガ数を今まで以上に抑えることができます。

一度設定さえすれば、その画質に固定されるので動画を観るたびに設定する必要はないので便利です。

STEP.1
まず動画画面の右上にある「︙」をクリックしましょう。

STEP.2
クリックすると画像のように画質の画面が表示されます

※自動設定では「480p」に設定されています。

STEP.3
指定したい画質をクリックすれば☑マークが指定した画質に設定されます。

このように自分で画質を設定すれば、動画視聴で消費するギガ数を抑えることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

※上記の検証結果はいつ計測しても一定ではなく、お使いの端末、計測時期、時間によって前後します。あくまで目安として参考にしてくださいね。

データ通信量を節約する効果的な方法

ギガ消費量を節約する方法
YouTube動画の通信量を抑える方法は「画質設定」以外にもあります。

ここでは「無料で今すぐできる方法」と「有料だけど効果的な方法」に分けてご紹介していくので、できることからぜひ試してみてくださいね!

無料で今すぐできるギガ節約術


まずは無料なので誰でも気軽に試すことができる方法をご紹介していきます。

自宅のネット回線の「Wi-Fi」に繋ぐ

「WiFi」環境下ではどれだけYouTubeを視聴しても通信量は消費されません。これはYouTubeに限らずネット通信が必要なアプリすべてに適応されます。

この方法は自宅にすでに光ネットなどの回線を引いている人向けにはなりますが、最も簡単で効果バツグンの方法ですね。知っている方はまず間違いなくこの方法はやっていると思いますが、ご存知ない方のためにご紹介しておきます。

自宅にネット環境があればスマホの設定で「Wi-Fiを有効にする」にしておけば自動的に切り替わるので通信量を気にすることなく動画視聴を楽しめます。

外出中は「無料Wi-Fi」を利用する


今は外出してもコンビニ、カフェ、ファミレス、公共施設などでも無料で利用できるWi-Fiを提供する企業が増えています。

スマホの設定で「「Wi-Fiを有効にする」にしておけば、自動で使えるWi-Fiを拾ってくれます。Wi-Fiが利用できる場合は、スマホ画面に自動的に利用可能なWi-Fiが表示されます。

「有効」にしておかないと拾ってくれないので、くれぐれも動画を視聴する際は年のため設定画面でチェックしておきましょう。

「有効」にしているのにWi-Fiに切り替わらない場合は、その場所はWi-Fiが利用できないということなので長時間の動画視聴、あるいはアプリの利用を控えるのが賢明です。

ブラウザでYouTubeを視聴する

「YouTubeを観るたびに画質を自分で設定するのは面倒だ!」という方は、わざわざ自分で設定しなくても低画質で動画を見る方法があります。

それはYouTobeアプリではなく「safari」「Chrome」で検索して見る方法です。「safari」「Chrome」で観る方が「YouTube公式アプリ」より低画質に設定されている場合が多いです。

ただ、個人的にはこの方法はあまりおすすめしません。「じゃあ、書くなよ!」って話なんですが…(汗)理由はブラウザで観た場合でも低画質になっていない場合もあるからです。

なので、個人的にはYouTubeアプリで観る際に自分で画質を下げる方法がおすすめです。確実に低画質に変更できますからね。

画質設定は時間もかからず簡単なので公式アプリで視聴する際に自分で設定する方法をおすすめします。その方が確実に画質を下げることができますし、一度設定すればその画質に固定されるので便利です。

有料だけどギガ節約には効果バツグン!


次は有料にはなりますがYouTube動画のギガ消費量を大幅に節約できる方法です。そこまで「ギガの使いすぎに困ってない」という方はスルーしていただいて構いません。

「動画をつい観すぎてギガが足りない」という方は、この方法は、長い目で見れば経済的で、何よりギガ消費量を毎回気にしながら動画視聴するストレスがなくなるのでおすすめです。

動画をダウンロードしてオフラインで視聴する

4つ目の方法はYouTubeプレミアム会員になること。この方法は会員になればすべての人が得するわけではないですが、会員になるとお得なこともあります。

特に、ゲーム実況や音楽など長尺な動画をよく視聴する人にはおすすめです。動画を保存してオフラインで視聴できるのでデータ通信量を気にすることなく好きな時、好きな場所で動画を楽しめます。

また煩わしい広告も非表示にできるので動画を視聴する際のストレスもなくなります。

とにかく動画をよく見るという方は一度検討してみても良いかもしれませんね。

データフリーがある格安SIMを選ぶ

個人的にはYouTube動画を長時間よく観る方には、「データフリー」のプランあるいはオプションがある格安SIMへ乗り換えるのが、長い目で見れば得策かなと思います。

BIGLOBEモバイルでは「カウントフリー」オプションを付ければ、月額たった480円でYouTubeをはじめとした動画系のほか音楽系の配信サービスアプリをデータ通信量を一切気にすることなく見放題です。

格安SIMへの乗り換えを検討中で動画をよく観るという方はにはおすすめのオプションなので興味ある方は一度チェックしてみてもいいでしょう。

月末までYouTube動画をストレスなく楽しむために!


ここまで「YouTube動画は1時間で何ギガ消費するか?」「ギガを節約する効果的な方法」についてご紹介してきましたが参考になったでしょうか?

動画に夢中になるあまり、つい時間を忘れて観てしまってギガを思いのほか消費してしまった…なんて経験した方も少なくないはず。単なるネット検索と違って動画視聴はギガを最も消費してしまう要因です。

そうならないためにも、ギガの消費量を節約する2つのポイントを最後にもう一度確認しておきましょう。

ご紹介した「1時間あたりのギガ消費量」の表を参考に、あなたのギガプランに見合った動画視聴を心がけること。そして忘れてはいけないのが、動画の画質は必ず低画質に設定してから観ること。

それでも1ヶ月の通信量が多くて月末になると、通信速度制限がかかってしまうという方は一度プランの見直しをしてみましょう。

たまにしか動画を観ないという方なら良いですが、毎日よく観るという方は、この機会に「データフリー」のプランもしくはオプションのある格安SIMへ変更するのもおすすめです。通信量をまったく気にすることなく動画を思う存分楽しめますから。