キャリアと同じ回線の格安SIM
いざ「格安SIMへ乗り換えよう!」と思ったとき「今までと同じキャリア回線を選ぶべき?」と悩む方もいます。

結論からいうと、「同じ回線を選ぶべき!」です。というか、もうその一択しかないです。

ここでは、その理由についてご説明していきますね!最後まで読んでいただければ、あなたもきっと「回線は同じにするに決まっているでしょ!」と思うはずです。

キャリアと同じ回線のSIMを選ぶのがベストな理由

キャリアと同じ回線を選ぶべき理由
キャリアから乗り換えるなら同じ回線の格安SIMを選ぶことをおすすめします。なぜなら同じ回線のほうがメリットがあるからです。

格安SIMは3つのキャリア回線に分けられる

格安SIMを提供しているMVNOは、ドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアから回線の一部をレンタルすることでネット通信や通話を可能にしています。

ただ回線のレンタル先は各MVNOによって「ドコモ系」「au系」「ソフトバンク系」の3つに分けられます。

基本的には「ドコモユーザーがドコモ系の格安SIMへ」といったようにキャリアと同じ回線の格安SIMへの乗り換える場合、SIMロックの解除は不要になります。

つまり端末を購入したキャリアと同じ回線を使うMVNOのSIMカードを使う場合はロック解除する必要はありません。

SIMロック解除の手続きって面倒ですよね。だからSIMロック解除なしで格安SIMへ乗り換えれるなら、それがベストです。

ただ格安SIMによっては「3つすべての回線に対応」しているものもあれば、「ドコモの1回線のみ」「ドコモ回線とau回線に対応」という場合もあります。

一言で格安SIMといっても今では多くのMVNOが様々なプランを打ち出しています。気になる格安SIMを見つけた場合は、まずはキャリアと同じ回線に対応しているか確認しましょう。

もし希望する格安SIMに同じキャリア回線がない時はどうするの?

希望する格安SIMがない
ベストなのは、乗り換えたい格安SIMが同じキャリア回線に対応しているのが良いですが、場合によっては対応していないこともあります。

その場合は、無理に同じ回線にこだわる必要はありません!大事なのは、希望する格安SIMのプランがあなたのスマホライフにマッチしているかどうかです。

・家族で乗り換えたい
・通話をよくする
・動画や音楽をよく聞く
・生活に困らない程度に利用できればいい

などスマホの用途って人それぞれ違いますよね。

最優先にすべきは「同じ回線を選ぶ」ことより「あなたのスマホの用途に最もマッチした格安SIM」を選ぶことです!

基本、SIMロック解除は不要だが例外があるので要注意!

SIMロック解除の注意点
基本的に同一回線であればSIMロック解除は不要ですが、今お使いの端末によっては例外があるので要注意です。

特にVoLET対応のAndroid端末など、一部の端末ではキャリアと同じ回線の格安SIMへ乗り換える場合でもSIMロック解除が必要になることもあります。

契約してSIMカードが届いたはいいけど、「挿入しても使えない」なんて最悪の事態にならないように、事前に各社公式サイトに記載されている「動作確認端末」を必ず確認しておきましょう。

SIMフリーの端末はロック解除不要です!

今はアマゾンなどのネット販売でSIMロックされてない「SIMフリー端末」を購入することもできます。

もともとロックされていない端末なので、当然、SIMロック解除する必要がありません。

他にもAppleストアで販売されているiPhoneやGoogleストアで販売されているスマホ端末などは基本的にSIMフリー端末なので、各MVNOが扱っている格安SIMを挿入すれば利用できます。

キャリア回線ごとに対応している格安SIMをチェック!

各キャリア回線に対応したMVNO
乗り換えを検討している格安SIMがどのキャリア回線に対応しているか確認できるようにキャリア回線ごとに一覧にしています。

各キャリアごとに、どのMVNOが対応しているのか事前に確認しておきましょう!

ドコモ回線対応の主な格安SIM

現状ではドコモ回線に対応している格安SIMが圧倒的に多いです。そのためドコモから格安SIMへ乗り換える方は、自分のスマホライフにより適したプランのあるMVNOを選びやすいかと思います。

BIGLOBEモバイル、イオンモバイル、IIJmio(みおふぉん)、DMMmobile、OCNモバイルONE、LINEモバイル、mineo(マイネオ)、Y!mobile(ワイモバイル)、QTモバイル、nuroモバイル、HISモバイル、exiteモバイル、LinksMate(リンクスメイト)、LIBMO(リブモ)、Y・Uモバイル

au回線対応の主な格安SIM

ドコモ系のについで対応している格安SIMが多いのはau系です。現状ではドコモ系には及ばないものの格安SIMの中でも人気のMVNOには対応していますし、今後はもっとau系の格安SIMが増えていくと予想されます。

UQモバイル、BIGLOBEモバイル、イオンモバイル、mineo(マイネオ)、LINEモバイル、IIJMIO、QTモバイル、ロケットモバイル

ソフトバンク回線対応の主な格安SIM

ソフトバンク系の格安SIMはまだまだ少ないですが、今後もっと対応するMVNOが増えて行くことを期待したいところですね。

Y!mobile(ワイモバイル)、LINEモバイル、mineo(マイネオ)、QTモバイル、HISモバイル、nuroモバイル、b-mobile、リペアSIM、スマモバ

3大キャリアすべての回線に対応している格安SIM

3大キャリア全てに対応している格安SIMもまだまだ少ないですが、中でも「LINEモバイル」「mineo(マイネオ)」は人気です。

LINEモバイル、mineo(マイネオ)、QTモバイル、nuroモバイル、ロケットモバイル

ドコモ・au回線に対応している主な格安SIM

「BIGLOBEモバイル」は動画をよく観る人、「イオンモバイル」は家族あるいは1人で複数台持ちたい人に人気の格安SIMです。

BIGLOBEモバイル、イオンモバイル、IIJmio(みおふぉん)

SIMロック解除の方法と費用を教えて!

SIMロック解除の注意点

SIMロック解除の方法にはWebとショップの2パターンあります。どちらでするかは人それぞれですが、おすすめは断然、Webです。

SIMロック解除の方法は2パターン

・Webで自分でする→SIMロック解除のページへリンク
・ショップでスタッフにしてもらう

下の表を見てもらうとわかるように、現在は電話対応は3キャリアとも非対応。ショップだと3000円の手数料がかかってしまいます。

どうしても「自分で解除するのは不安出し、無理…」という場合をのぞいては、手数料が「無料」のWebでのSIMロック解除をおすすめします。

キャリアのSIMロック解除手数料

SIMロック解除には各キャリアとも条件があるので要注意!


各キャリアでSIMロック解除するには条件があります。その条件を満たしていないと解除できないので、必ず事前にチェックしておきましょう!

SIMロック解除は各キャリアとも、
・契約者本人であること
・2015年5月以降に発売されたSIMロック解除対象の端末であること

以上の2点が共通の条件です。

それ以外に各キャリアごとに端末購入の決済方法によって条件があります。

分割決済の場合
・ドコモ、ソフトバンクともに購入日を1日目として、購入から100日経過していること
・auは購入から101日経過していること
一括決済の場合
・3キャリアすべて即日でSIMロック解除が可能です。

キャリアと別回線の格安SIMへ乗り換える際は、今お使いのキャリアスマホがSIMロック解除の条件をクリアしているかも事前にチェックしておきましょう。

キャリアから乗り換える際に最優先すべきこと!

格安SIMへ乗り換える場合は、キャリアと同じ回線を選んだほうが良いというのはわかって頂けたと思います。

ただ希望する格安SIMがキャリア回線に対応していない場合もあるでしょう。その場合は上述したように最優先すべきは「あなたのスマホの用途」により適したプランがあるMVNOを選ぶということです。

同じ回線にこだわるあまり、格安SIMへ乗り換えたは良いけどプランが合わずに料金・使い勝手ともに満足できない結果となっては格安SIMへ乗り換えた意味がなくなりますから。